投稿日:2023年9月1日

駐車場工事の基本的な流れ!

こんにちは!
株式会社アライです。
弊社は東京都江戸川区を中心に、東京都葛飾区など東京都内や神奈川県・千葉県・埼玉県にて駐車場舗装や土木工事のご依頼を承っています。
今回は、駐車場舗装を考えている方へ向けて、基本的な流れをご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧ください。

駐車場工事の基本的な流れ

駐車場舗装

土の掘削・残土処分

まず、まわりの地面と段差が生じないよう素材を敷き詰める分だけ掘削します。
掘削は、一般的には砂利の場合で5cm、アスファルトで10cm、コンクリートで20cm程度が必要です。
掘削はユンボなどの重機で行います。
掘削後は多くの残土が出るため、正しい方法で処分をしなければなりません。
残土処分費は自治体によって異なります。

敷き詰め・転圧

砂利駐車場であれば、掘削した部分の整地後、砕石を敷き詰めます。
砕石を敷き詰めたら、機械を使って転圧をして固め、駐車場の土台を形成します。
砂利駐車場の場合はここで工事終了です。
アスファルト駐車場の場合は土台を形成後、アスファルト合材を敷き詰めてならしたうえで再度転圧して表面を固めていく必要があります。

型枠・ワイヤーメッシュの設置

コンクリート駐車場の場合のみの工程です。
高い強度を持つコンクリートは、強い分地震などでひび割れする場合があります。
そこで、エネルギーを逃がすための「型枠」を土台に設置し、ひび割れといったトラブルを回避します。
ただし、このままではコンクリートの強度が十分ではありません。
「ワイヤーメッシュ」という支柱を設置して、更に強度を高めます。

コンクリート流し込み・ならし・仕上げ

コンクリート駐車場の場合のみの工程です。
最後に、コンクリートの流し込み・ならしを行います。
完成した土台にコンクリートを流し込み、職人が表面をならし、ある程度コンクリートが固くなったら2回目のならしを行うという作業です。
ならし作業は重労働なこともあって2回で済ます場合もありますが、3回・4回と繰り返すごとに完成度が高まるため、数回することもあります。

アライにご相談ください!

シルバーのお問い合わせマーク
弊社は幅広いエリアで、舗装工事や一般土木工事、外構工事を行う業者として活動しております。
多くのお客様にご対応してきたノウハウと技術で、理想的な施工をご提案いたしますので、安心してご相談ください。
一生懸命、真面目に取り組み、全ての業務に全力で取り組みます。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

株式会社アライ
〒132-0033
東京都江戸川区東小松川3-33-5コートボナール・アライ101
電話:03-5879-9960 FAX:03-5879-9961


関連記事

銀座 タイル下地施工

銀座 タイル下地施工

こんにちは、株式会社アライの坂本です。 今回はこれから施工に入る、タイル屋さんの下地作りを施工しまし …

八潮市内 車道舗装工事(5日目)

八潮市内 車道舗装工事(5日目)

こんにちは😃、株式会社アライの饒村です。 今回は引き続き、八潮市内の舗装工事の様子で …

野球のブルペン屋根作りました❗

野球のブルペン屋根作りましたɵ…

11月3日~4日の2日間で、息子が通っている高校野球部のブルペン屋根作りました。 台風の影響で、単簡 …

採用情報 お問い合わせ